読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり部長のひとりごと

社会人1年目で社内起業を始めたひとり部長がその経験を語ります。Mac関連もつぶやきます。映画のレビューはサブブログに移行しました。世の中の明るいニュースだけをまとめたエントリーも始めました。

【3日目:伊東→沼津→三島】伊東・熱海・沼津・三島の伊豆旅行日記【沼津深海水族館】

旅行

1日目はこちら

2日目はこちら

沼津駅

三日目です。

沼津駅へは、伊東駅から熱海で乗り換え、東海道本線で3駅ほどです。

電車賃:670円

時間:1h弱

沼津駅から水族館まで2km近くありますが、駅ませのバスが行ってしまったためやむなく朝の太陽の光を浴びながら歩くことに。

すると、歩道の上に古く使われなくなったレールなるものが敷かれていることに気づきました。

港から魚を運んだ名残でしょうか。

f:id:hitoribucho:20160718220613j:plain

沼津深海水族館

さて、深海水族館に到着しましたよ!

ここでしか見られない「シーラカンス」が展示されています。

しかし、僕の本当の目的はダイオウグソクムシの茶こし」w

お土産コーナーで待ってます。

料金:大人1,600円、小・中学生800円、幼児400円

時間:10:00-18:00

HP:沼津港深海水族館

<注意>

休日はかなり混みます。開館30分ほどで長蛇の列が出来上がってしまうので、9:30には到着していれば問題ありませんが、営業開始を狙っていくことをお勧めします。

10時前でもノリで入館できる感じなので、きっちり合わせなくても大丈夫。

チンアナゴ

みんな大好き、チンアナゴ。どこの水族館に行ってもこれは必須ですねw

f:id:hitoribucho:20160718220920j:plain

名前不明

確かサメの一種だった気がする。この雑巾のような姿に衝撃を受けました。

顔がどっちなのかすらわからんこいつは一体なんだ。

名前が思い出せないので知っている方宜しくお願いします。

f:id:hitoribucho:20160718220937j:plain

ヒカリキンメダイ

こいつは目の下に光るバクテリアが共生している器官を持つことで、目を光らせることができます。器官は発光しつづけていますが、これを回転させることで消えたり光ったり見せることができるのです。

f:id:hitoribucho:20160718222514j:plain

ヒカリキンメダイプラネタリウム。まるで蛍のようでした。

f:id:hitoribucho:20160718222132g:plain

タコクラゲ

名前にはとても似つかないほど美しいクラゲ。タコクラゲwww タコwクラゲw

f:id:hitoribucho:20160718221018j:plain

f:id:hitoribucho:20160718224326g:plain

ダイオウグソクムシ

みんな大好き、ダイオウグソクムシさん。

透明標本です。もはやゴツすぎて透明にすらなってないけど。かなりの迫力で展示されていましたよ!クルクルクルクル・・・・・

f:id:hitoribucho:20160718224451g:plain

サメの孵化(卵)

これなんと、生きているんです。卵の殻に包まれた稚魚が中で動いているのを観察することができます。もんげええええええ。

f:id:hitoribucho:20160718221001j:plain

シーラカンス

これが目玉のシーラカンスですね。一番両生類に近い魚類(生物進化学的な魚類という分類は正確にはありません)ということで、進化のカギを握る「生きている化石」。まだまだわかっていないことが多いです。

f:id:hitoribucho:20160718221049j:plain

シーラカンスの口。歯がサメのような。下あごにはほとんど歯はみられません。にしても舌がでけーよ!

f:id:hitoribucho:20160718224719j:plain

その他フォトギャラリー

その他、可愛らしい深海生物たちを激写しちゃいましたのでどうぞ。

PICSURGEというサービスを使ってiframeで表示させています。

 

沼津港

この後、沼津港で海鮮を堪能したのですが!

写真を撮り忘れ!!!大航海後悔時代。

ご当地ソング「沼津みなと新鮮館」

しかし、ここの「みなと新鮮館」で流れていた「オー、ヌマッヅウウ♩」とかいうEXILE顔負けのノリノリテーマソングがぶっ飛んでて、俺的ご当地ソングNo.1確定です。

www.youtube.com

やばいwww

三島駅

さて、沼津を出たら後は帰路につくのみですが、その前に!三島によって、コロッケ。

f:id:hitoribucho:20160718220714j:plain

みしまコロッケ

このださい手書きのマークがあるお店で買えば「みしまコロッケ」を食べることができます。みしまコロッケはいつか見たドラマ「ごめんね、青春!」で出てきたので気になっていました。

f:id:hitoribucho:20160718220737j:plain

1個:120円

三島駅の売店で揚げてもらっていたところ、電車が!!!!!

おばちゃん!はやく!!

 

おばちゃん「・・・・・(まだ、まだ、)」

俺「(早く!!!・・・まだ精算もしてないよ!)」

おばちゃん「(まだ!まだだ!)」

俺「(ああぁ!電車がホームにきたあああ!)」

おばちゃん「(よしっっっっ!)袋、袋・・・」

俺「あぁ!扉が!」

おばちゃん「はいっ、260円!」

俺「560円!300円返して!」

電車「プルルルル・・・」

おばちゃん「はい!ああああ40円だ!まって・・・300円、はいっ」

俺「ありがとう!じゃ!」

電車「プシューーーーーーーーーーーー」

 

という別れるのを惜しむ間もなく究極の一期一会を体験させられたけど、

 

コロッケおいしい!!!!!!

f:id:hitoribucho:20160718220805p:plain

 

混んでいる東海道本線の中でジャガイモの香りを漂わせながらほくほくとコロッケを頬張りながら、横浜へ。

 

なんだかんだ、充実した3日間でした。

いけなかったところもあり、釣れなかった魚もありで、今度は下田や伊豆も含めたドライブ旅行をしてみようかな。

 

読んでいただきありがとうございました!