読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり部長のひとりごと

社会人1年目で社内起業を始めたひとり部長がその経験を語ります。Mac関連もつぶやきます。映画のレビューはサブブログに移行しました。世の中の明るいニュースだけをまとめたエントリーも始めました。

【MacBook(Early2016)】開封の儀、レビュー、USB充電の話。【俺の新しい嫁】

Apple Mac 番外編 ガジェット

最新ガジェットのニュース、価格、情報をみるならここ。基本的に1〜2ヶ月以内に発売されたもしくは発売予定の家電、PC、スマホなどあらゆる最新電子機器の紹介をしています。

ひとり部長による映画のレビューや評価など。

どうも、ひとり部長です。

この度、ずっと共にしてきたMacBook Airを里子に出して、4月に発売されたMacBookのローズゴールドを新な嫁として迎え入れました(イヤっホイ

 

開封の儀

さてさて、届きました。1時間毎くらいに佐川の伝票番号の探りを入れ、いつ届くのかなーいつ届くのかなーとそわそわしていたのですが、地元の営業所にたどり着いたというログが更新された瞬間の喜びは半端ないですねwww

外箱

さて、これが外箱。以外と小さいです。丁度、MacBook Proの13インチと同じ大きさです。

f:id:hitoribucho:20160619125814j:image

 

じゃーん、蓋を開けたところです。ついにMacBookが・・・

f:id:hitoribucho:20160619142145j:plain

 

ちなみに、外箱の構造はこんな感じになっています。

f:id:hitoribucho:20160619125831j:image

これまでは四つ角に三角形の保護板みたいなのが挟まっていたのですが、このモデルはできるだけ工数をかけずに効率化したようです。

いつかテレビでダンボールのこういった構造を設計するプロが取り上げられていたときに感銘を受けて、それ以来ダンボールの折りたたみ構造に興味を置くようになりました。

今回のMacBookも、蓋とクッション構造が一体化していて、「なるほど」と思わせるものでした。

 

そしてジャーン、これが真の外箱です。トゥルットル。

f:id:hitoribucho:20160619125841j:image
それではいきますよー。
 

本体

ジャーン!う・・・・美しい。
f:id:hitoribucho:20160619143018j:plain
神々しいぞおおおおお。俺の嫁、嫁、あれ、前の嫁どんな奴だったっけ。まぁいいか。そんな気持ちにさせてくれるこのロズゴールド。名前は何にしよう?いちごちゃん。おk!これでよし。 と、ここで気づいたのが、背面のロゴマーク、今までは白の半透明だったはず。今回は完全にメタリックになっています。こんな感じに。
f:id:hitoribucho:20160619125940j:image
電源をつけても光らないため、主張しません。スタバでキラキラ光るのが苦情来たのかな?笑 これはこれでかっこいい。

付属品

付属品付属品はシンプルに充電アダプターとUSB-typeCのコネクターのみ。説明書はいつものようにペラペラです。

f:id:hitoribucho:20160619143443j:plain
さすがローズゴールド。シールもローズゴールド色です。これは保管しておくと数年後にはレア物になる予感。使わずに取っておきます。
f:id:hitoribucho:20160619125958j:image
 

サイズ

他のレビューでも書かれているように、思った以上に画面が広いのが印象的です。
11インチだとちょっと狭い。13インチだと本体が大きい。そこの間をとった丁度いいサイズということになります。
f:id:hitoribucho:20160619125856j:image
 
しかもコンパクトすぎて、これまでの11インチほどの大きさになっています。
どれくらいコンパクトかというと、いつもiPad Air2を入れて持ち歩いているショルダーバッグにぎりぎり入るくらいです。
f:id:hitoribucho:20160619153000g:plain
これは衝撃です。どうしよう、iPad・・・。
iPadがもしWiFiモデルだったら、売り払ってしまいそうです。彼の強みは、さっとデータ通信が行える大画面スマホというところなので、住み分けはできそう。カフェや駅のSoftbankWiFiにもつなげるしね。 
ただ、普段遣いはMacBookになるのは必至。 

みよ、この神々しい薄さを。
f:id:hitoribucho:20160619153930j:plain
この衝撃は、MacBookAirの発表*1以来の感動です。
ゼロからコンピューターを考え直したという今作は、かなり洗練されていますなぁ。 
 

充電

そして、残る問題は充電!さて、さっそくUSB-typeCとUSBのコネクターを買ってきましたよ。買ったのはこちら。


Ankerのスマホ用充電器につないでみました!ちゃんと給電されています。完璧だお。f:id:hitoribucho:20160619153606j:plain

このAnker PowerCore15600についてはこちらの記事を御覧ください。今は正方形のかわいらしい13000mAhのモデルがオススメですけどね。hitoribucho.hatenablog.com  
そして、同じく、Ankerの急速充電器でも試すと、やはりおk!f:id:hitoribucho:20160619154220j:plain

完璧です。これで純正のACアダプターを使わずに既存のスマホ充電環境でMacBookも充電できることが確認できました!めでたしめでたし。完全に、モバイルPCです。ノートPCの未来きたーーーーーーーーーーーーーー!

 

使用レビュー

f:id:hitoribucho:20160619155242j:plain

普通に打ちやすいです。というか、優しい。これまでのぺちゃぺちゃといううちごたえから、コリコリする感じ。非常に薄いのに、打ち込んでる感触はある。その上、すごく静かにタイピングが可能。打ちやすさについては文句なしです。全てバタフライ構造の賜物?

一つだけ、 矢印キーが左右のボタンがデカくなっている。これだけはちょっと慣れないと・・・っていう感じです。

非常に細かいこというと、「escキー」のLEDバックライトが右側に足りてないw

 

あと初めてこんな機能が付いてました。

「トラックパッド」のサイレントクリック

f:id:hitoribucho:20160619160021j:plain

これをオンにすると、これまで「カチっ」とした音が「クンっ」という音になり、より静かなクリック音になります(わかりにくいwww

やってみると、あ、なるほどね、というあまり意味のない機能。

 

 思えば初代MacBook Airがバッテリー5時間なので、プロセッサやOS、バッテリーの向上で2杯以上に伸びたんですね。凄いことですよこれは。

 

MacBookの初日感想はこんなもんです!

これから、ブログ更新が捗るぜえええええええ。

 

ではまた。

*1:MacBook Air発表の伝説のスピーチby故スティーブ・ジョブズ