読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり部長のひとりごと

社会人1年目で社内起業を始めたひとり部長がその経験を語ります。Mac関連もつぶやきます。映画のレビューはサブブログに移行しました。世の中の明るいニュースだけをまとめたエントリーも始めました。

リンクメーカー。初めてウェブアプリを作り、公開できた日

リンクメーカー

何を作ったかというと、ブロガーのためのリンク作成補助アプリです。

なにをしてくれるのかというと、↑これですよ。シェアしたいURLを入力して送信すると、上のようなリンクカードが貼れるHTMLコードを生成してくれます。

そんなのあふれとるやんけ

と思うかもしれませんが、ここで一つ工夫したのは、 引用されたページのランキングを表示しているというところですかね。

世の中に腐るほど、腐ったページってあるじゃないですか。

こんなにGoogleさん頑張ってるのに、クソの役にも立たないページが検索上位にくる。 はてなさんが頑張ってるのに、クソ記事がはてブに上がってくる。

このリンクメーカーのページは、ブロガーのみなさんが「引用したい」と思ったページのみがランクインしてくるわけです。

Pythonの勉強を始めた

のが去年の11月ですね。

それから、スクレイピングやグラフの描写などいろいろ遊んでたら、

いろんな人から「こういうの作れないか」というちょっとしたお願い事をされるようになった。 というか、「お、それできるぜ」と自分から押し付けたと言った方が良いのかも。

そうこうしているうちに

「自分の作ったアプリを配布してみんなが触れるようにしたい」

と思うように。

よく悩んだ末にHerokuというサービスを使ってウェブアプリを作ることにした。

ウェブアプリというのは

ウェブ上のアプリケーションのことです。まんまやん。

プログラミング言語をつかって、プログラムを組んで、HTMLを書いて、プログラムをHTML上で動かすようにサーバー上で動かせるのがウェブアプリです。

はてなブログは、ウェブアプリな訳です。

でもブログ作ったってしょうがないよね。

ワードプレスっていう既製品があるもの。

というわけで、今はβ版ですが1回くらいは使ってみてください