読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり部長のひとりごと

社会人1年目で社内起業を始めたひとり部長がその経験を語ります。Mac関連もつぶやきます。映画のレビューはサブブログに移行しました。世の中の明るいニュースだけをまとめたエントリーも始めました。

「SNUS(スヌース)」というiQOSを超えたタバコの新時代が来た。吸わない。燃やさない。

iQOS 番外編

iQOS(アイコス)はどうした

どうもひとり部長です。

先日、iQOSを買いました。

その記事を書きました。


挨拶 どうも、ひとり部長です。 先日、iQOSを買いました。 hitoribucho.hatenablog.com 理由は、徐々に「タバコが嫌い」だという人が周りに増えてきて、というか、いよいよタバコの周りへの影響について本気で考えなければならないと感じ始めたからでした。 タバコを嗜む我が身でさえ、道行く人が歩きタバコ

まぁ、すごく良かったんです。アイコス自体は。

ただ、欠点があった。

  • 壊れやすい
  • 一回吸ったら充電

この二つを解決できたら、まず間違いなく使い続けていることでしょう。

ただ、壊れてしまいまして。

交換もできるとかんがえたのですが、なんせ購入時の証拠を持っておらず、うやむやにしてしまいまして。

そんな時、見つけたのが

SNUS(スヌース)

え?

SNUSってなんだ

知らない人は、たくさんいると思う。

そして、この記事はそんな人のために書かれている。

SNUSとは

JT公式サイトにはこう書かれている。


SNUS(スヌース)は、無煙たばこのひとつである「かぎたばこ」です。粉状にしたたばこ葉の味・香りを口内で楽しみます。スウェーデンの伝統的なたばこ製品であり、現在も多くのお客様に広く親しまれています。

ひとつの大きな特徴としては、

無煙タバコである

ということ。

最近の禁煙ブームの傾向から、やはり「煙」を出すことで「他人に迷惑をかける」ということに注力して今後のタバコを考えていかなければならない。

そして、

喫煙者にとっては、「他人に迷惑かけずに好きな場所、好きな時」に吸いたい。

このニーズを満たしている商品が今後売れていくとみた。

そして、このSNUSはかぎタバコであるため、

  • 煙が出ない=他人に迷惑をかけない
  • 火をつけない=吸える時・範囲が広がる
  • タールがでない=従来のものと比較して特に肺がんなどのリスクを抑える、肌が黒くならない

というメリットが存在する。

もちろん、タバコである以上口に含み、ニコチンやその他葉に含まれる成分を摂取するので健康上のリスクを抑えることはできない。

ただ、火をつけるタイプに比べて圧倒的に「自由度」と「タールからの開放感」があるのだ。

使用レビュー

開封の儀。

f:id:hitoribucho:20161118180859j:plain

これがSNUSのパッケージ。

味は、ミント。

なぜ袋に入っているかと聞いたところ、「小さな子供が誤って手に取らないように」らしい。

それがなぜこうなっているのかさっぱりわからないけどそういうことらしい。

中を開けて見ると、ミントタブレットのように小さなケースに小さな袋詰めされたタバコの葉が入っている。

f:id:hitoribucho:20161118181112j:plain

数量は、12袋。

これで390円。

うーん、他の製品とかをみて見ると20袋入りで460円とかあるので、多少はパッケージ代がかかっている感否めないけども。


最上級のタバコ葉+甘味料+ミント。 効果は30分以上。程好いタバコの香り。 コストパフォーマンス◎!! ニコチン3.0mgで超強力!!   0.3g×20袋入り

使い方(含み方)

f:id:hitoribucho:20161118181544j:plain

  1. ポーションを口に含み、頬と歯茎の間に挟んでご使用ください。
  2. 人により感じ方は異なりますが、15~30分程度がお取替えの目安です。
  3. 味・香りが薄まったら紙等に包んで捨ててください。ポイ捨ては厳禁です

こんな感じで使う。

つまり、口の中に含んで味わうのだ。

初回の感想

初めて口に入れると、メンソールのピリピリ感が局所的に現れる。

慣れないが、我慢して歯と歯茎の間に挟んでいると、確かにニコチンを摂取している感覚が訪れて来た。

次第にそれは強くなり、

ほのかな苦味を喉で感じるように。

これが、吸っているときの疑似体験になるのか、なるほど。

とは思ったが、やはり吸っている時以上の「フゥー」といった感触がない以上、多少の違和感を感じてしまう。

個人的には不味くもなく、「煙を出さない」「迷惑をかけない(こっそりふくませられる)」「コンパクト」な点に非常にメリットを感じたので、

しばらく使用してみようと思っています。

以上!

・・・しかし、吸っている感がないというのはちょっとイタイ。ただのニコチン依存者じゃないか・・・。

参考記事


健康増進法の施行以後、決められた喫煙所以外でタバコを吸えるケースがかなり少なくなってきたようです。主な理由は受動喫煙を防止するというものでした。その点、無煙タバコは煙が出ないので、周囲の人に煙による不快な思いをさせてしまう心配がなく、これまでのタバコに比べると気兼ねせずに楽しめるという点が喫煙者には魅力かもしれません。

SNUS(スヌース)は、刻んだタバコを塩と共に熟成させた北欧(スェーデン、ノルウェー)の 伝統的なタバコで、ポーション(小袋入り)とルース(粉)の2種類があります。 スヌースを歯茎にはさむといったシンプルな味わい方で、火を必要せず煙もでません。

SNUSは火を使って煙の出る、一般的なたばこ(シガレット)とは別物です。使い方も違えば、使った感覚もまるで違います。たとえば、コーヒーやビールのように、初めはおいしいと思えなくても、何度か口にするうちにだんだん味や良さが分かってきて、いつの間にか好物になっている。SNUSもそれに似ています。 最初は独特の刺激に違和感をおぼえるかもしれませんが、気づけば魅力が分かってくる、そんな通な味と使い方のSNUSを新しい嗜好品として楽しんでください。

スヌースは上唇と歯茎の間に挟んで使用します。 ニコチンは、歯茎や唾液を通して胃から吸収されますので、通常のタバコと違いゆっくりと効いてきます。 初めての方は1袋の容量の少ないものがお勧めです。

古くからたばこには“煙を吸う”だけではなく、“火をつけずに無煙で嗅ぐ・噛む”といった多様なスタイルがあり、「紙巻たばこ」と共に、「かぎたばこ」や「かみたばこ」のような無煙たばこも世界中の様々な場所で楽しまれています。また、日本の多くのお客様は「紙巻たばこ」を楽しまれていますが、近年は周囲のたばこを吸われない方などに配慮した商品も望まれています。