読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり部長のひとりごと

社会人1年目で社内起業を始めたひとり部長がその経験を語ります。Mac関連もつぶやきます。映画のレビューはサブブログに移行しました。世の中の明るいニュースだけをまとめたエントリーも始めました。

コンビニでバイトをする前に知っておきたいこと

コンビニ 番外編

f:id:hitoribucho:20160702143800j:plain

どうもひとり部長です。

今回は僕の大学生の思い出を振り返ってみます。

 

なぜコンビニなんかで働いていたのかと言われたらグゥの音もでませんが、一応、居酒屋のバイトを経て家庭教師とコンビニを掛け持ちしていました。

 

コンビニで働くということについて

質よりも量が必要だった

家庭教師の方は仲介会社と契約していた時は時給1500円でしたが、家の方が3500円も払っているということにショックを受けて、それなら僕が契約解除(させられて)間をとった2500円でどうですかと提案したところ、二人の兄弟を同時に見ることで3000円/hまで上げてくれたのです。まぁ、世の中にはもっと出してくれる家庭があることは知っていましたが、2時間で6000円いただいて晩ご飯もついてきたのでなかなか嬉しい仕事でした。

あれ、本題からずれてる。

 

ということで、もう一つの掛け持ちしていたコンビニですが、そもそも家庭教師は週1でしかできなかったので、「質」は高くても「量」が稼げなかったんですね。4週間で24000円しか稼げません。なので、ひたすら時間を稼いでお金をもらう仕事が必要だと思ったんですね。その時に、もう居酒屋はこりごりだと思いました。

夜勤でも1000円切ってた

で、近所のコンビニに当たったのですが、当時サークルKサンクスだったお店で夜勤組で雇われることになりました。夜勤を選んだのは単純に時給が良かったからですね。それでも最低賃金の低い京都市では夜勤でも1000円いかなかったのです。たしか、950円くらい。

その時がたしか大学1年生の後半で、二回留年して卒業するまで働いていたので実に6年弱は働いていたことになります。立派に社員級です。当時ほぼ同時期に入ってきたS君は現在も夜勤のドンをしているみたいです。元気にしてるかな。

 

そんなコンビニですが、夜勤を6年弱務めたことで得たものが多くありました。

(といっても夜勤はやはり勧められない)

 

その中でもこれからコンビニでバイトでもしてみようかと考えている人に参考になるような情報をまとめられたら、と思っています。

体力

これはコンビニで働いてみないとわからないのですが、そもそも夜勤というのはものすごく疲れるんですね。夜勤に限らないけど。

 

「昼に寝て夜動くだけじゃん」と思われるかもしれませんが、

例えば、近所の生活音、動物の鳴き声などそれを邪魔するものはたくさんありますが、特に大敵だったのは

  • 古紙回収車(毎日同じ時間に同じメロディーでゆっくり走り回る)
  • ゴミ収集車(グォーンという音で起こしてくる)
  • インターホン(突然起こされる)
  • バイク(暴走族の爆音)の音

でした。

これが結構やばいんです。一度起きると、周りは太陽が昇っていて明るいのですぐに目が覚めてしまう。

 

さらに、重要なのは自分が学生だということですwww

どんなに夜勤で忙しくても、授業の時間は変えられません。かつては「単位は降ってくる」と言われた京大も今は出席地獄になっております。

そんな僕は当然のごとく出席できるわけもなく。

 

まぁ、そういうことで昼間寝るだけの夜勤も簡単じゃないんですよ。生活リズムがみだれるので、健康状態を保つのも一苦労です。

そんな中で、 夜22〜6時まで働く(お店によって違います)ので、意外と体力を消耗するということはお分かり頂けると思います。

 

どんな作業があるのか

簡単に1日のスケジュールを紹介します。当然ですが、店舗によって時間はまちまちですが、だいたいこんなものだと思います。だって、他に時間取れないもの。
hh:mm⇒朝勤務(06:00-09:00)
hh:mm⇒昼勤務(09:00-17:00)
hh:mm⇒夕勤務(17:00-22:00)
hh:mm⇒夜勤務(22:00-06:00)

1日のスケジュール

05:30〜

1日分の売上金を清算し、レジ箱の中身を一定の金額に揃える。
-------1日の始まり--------
06:00〜
  • 朝の6-9時のクルーが出勤、夜勤と交代
  • 肉まんやおでんの仕込みを始める
  • トイレや店内、窓ガラスがの掃除をする

07:00〜

  • 夜勤がやり残した飲料などの補充を行いながらレジ裁きをする

08:00〜

  • ロスチェック(消費期限)
  • お弁当やサンドウィッチの補充が届く
  • レジと補充を頑張りながら昼勤クルーの到着を待つ
  • レジ点検

ちなみに08:00台は結構レジ大変です。まぁみなさん出勤前に買うんですね。僕が働いていたコンビニには土方が多くきたのでタバコが結構裁かれました。

09:00〜

  • 9-17時の昼勤組と交代
  • 1人(偉い方)が朝クルーが残したお弁当やサンドウィッチの補充の続きをしながら発注を行う
  • もう一人(偉くない方)がなんとかレジを裁く

もうお気づきでしょう。偉くなればなるほど、仕事が大変なのです。

11:00〜

  • お昼時に備えていろいろ焼いたり揚げたりする(チキンとか!肉まんとか!焼き鳥とか!)
  • 各機材の温度をチェックする(お弁当とかアイスとかちゃんと冷えているか)
  • 発注作業
  • 休憩30分

ちなみに、扉付きのドリンク棚の裏は常に0〜2度くらいに保たれています。めっちゃ寒いよ。夏は涼しいので、ここの補充は取り合いになります。

12:00〜

地獄の時間帯。万引きも多い時間帯です。

 

  • ひたすらレジをこなす 
13:00〜
  • 休憩が取れていなければ取る飯食う
  • 昼に抜けた商品の補充を行う
  • 発注作業の続き
15:00〜
  • 休憩30分
16:00〜
  • 夕方に備えて揚げ物とかおでんとか肉まんとか焼き鳥とか
  • 発注作業の続き
  • レジ点検

 17:00〜

  • 夕方組と交代
  • 温度チェック
  • 窓拭き、清掃
18:00〜
  • レジ対応
  • 飲料、菓子補充
19:00〜
  • ロスチェック
  • 休憩15分、これでは飯食う時間ないから30分
  • 夜勤組のために仕事をほっぽらかす
21:00〜
  • レジ点検
22:00〜
  • 夜勤組と交代
  • おでんとか肉まんの電源オフ
23:00〜
  • 温度チェック
  • 発注作業
  • 雑貨とかの入荷
24:00〜
  • 日付け変更作業(ハンコとか)
  •  おでんとか肉まんとかの片付け、コーヒー機械の清掃
01:00〜
  • ロスチェック
  • 休憩30分、飯食う
02:00〜
  • 飲料とかの補充
  • 弁当、サンドウィッチの入荷第一弾
03:00〜
  • ロスチェック
  • 休憩30分
  • 発注作業
04:00〜
  • パンとか弁当の入荷第二弾
  • アイス、冷凍食品の入荷
  • 漫画、雑誌の入荷
この時間で必ずジャンプ厨がやってくる
05:00〜
  • 温度チェック
  • レジ点検と、リセット
  • おまけの休憩

-------1日の終わり--------

06:00〜
  • 朝クルーと交代
(以下、ループ)

f:id:hitoribucho:20160702143823j:plain

まとめ

作業としては基本的に、レジ対応をしながら、
  • 補充
  • 各種チェック
  • 発注
  • 入荷
  • 調理
  • 清掃
  • 宅急便その他支払いの受付
をすることになります。どの勤務時間帯も必ずヤマ場があり、くっそ客の多い中で入荷やクレーマーの対応、宅急便が来ます。
 
今日の所は、コンビニのバイトがどんなものかサッと紹介しました。
次からは、コンビニで経験したあるある的なネタを紹介していきます。