ひとり部長のひとりごと

社会人1年目で社内起業を始めたひとり部長がその経験を語ります。Mac関連もつぶやきます。映画のレビューはサブブログに移行しました。世の中の明るいニュースだけをまとめたエントリーも始めました。

中小企業で社内起業するということ

この経験を語らないのは非常に勿体無い

はじめまして、ひとり部長です。

 

僕が去年の春に大学を卒業して今の中小企業に入社してから、

これまで会社の事業に従事したことはほとんどありません。

 

一度や二度、「ヘルプ」として作業やお客さんのイベントのお手伝いをしたくらいです。

 

では、何をやっているのかというと、

 

社内起業です。

 

と言っても、サイバー◯ージェントみたいにバリバリのIT企業で働いている皆さんからすれば、

 

「そんなの当たり前。ウチのチームは年に5つはサービス立ち上げてるし高速PDCA回して早くも売り上げ目標1億突破したし、それは高速PDCAのおかげで、高速PDCAが出来ないところは遅れをとるだけ高速PDCAが回せるウチは凄いよ、なんせ、頭が高速回転するチームリーダーがいるし、メンバーも優秀だからね。

 

と思われるかもしれません。

なので、この時点でブログの特別感がなくなり、書く意味がなくなりました。

 

大企業病にかかった組織での奮闘記

普通の起業の話(会社に属すってイヤなんだよねー誰かの元で働くってちょーイヤじゃない?そう思わない?だから僕は起業したんだよねー。お金欲しかったからね。)が読みたいのであれば、そこそこ有名な人はたくさんいると思うので、そちらをご覧になってください。

 

僕がこのブログで提供するのは、

 

大企業病にかかった中小企業の中で、いかに新しいことを進めるのか」という経験則です。

 

ベンチャーに就職したことがないので知人からの話や、適当なイメージに基づきますが、)常に新しいものを求め、挑戦しているバリバリのベンチャーとは違った面を見せられると思います。

 

大企業病は非常に厄介な疾病で、

・お伺い(条件別に設定された裏ルールが存在する)

・りんぎ(条件別に設定された裏ルールが存在する)

・報告書(老人がわかるように、読みやすいように)

・議事録・・・

またどっかで議事録について書くと思いますが、コレがまためっちゃウケます。

 

数え上げたらきりがないくらい、「裏ルール」や「社内規則」なるものが存在します。これを作り上げているのは大企業病にかかった企業であり、そこで働く人達であり、みんなビョーキにかかっているので誰も文句は言わないし、自分達でさらにビョーキを蔓延させてます。ビョーキが蔓延するから、さらに症状が悪化し(以下ループ)

 

これらはクスリや点滴で治るものではなく、その権限を与えられる地位にのぼりつめるまでゴマをする(大きな声でオハヨーゴザイマス!誰よりも早く出社して!総務の人には笑顔で^_^オネガイシマス!朝礼ではコイツデキル話を謙虚に!上司の武勇伝はちゃんとおさえておけ!)か、ルールを破りクーデターを起こす(本部長、折り入って相談があるのですが・・・無論、重い話なので部長には話していません。御内密に。)しか方法はありません。それが、やりたいことをやるための最短ルートなのです。

 

そして、同じようにゴマをすりながら頑張ってそこまで上り詰めた人が、「好きなこと」をやっています。

 

しかしながら時すでに遅し。

かつて望んでいた世界は変わり、自分のやりたいこと忘れてしまいます。

 

そんな大企業病にかかった組織の中で、上記の問題点に気づきその役目を「新入社員」に与えたお偉いさんが存在する会社がありました。

 

幸いながら僕は、「やりたいこと」を時々クーデターを起こしながら「ゴマをすりつつ」実行することができる環境にいます。

 

本当に幸運だと思います。したがって、

これからブログに投稿していく内容は、決してバリバリのベンチャー企業や全国の新入社員 が経験できない世界になります。

 

お楽しみに。

次へ↓

プロローグ〜就活〜 - 26歳ひとり部長のひとりごと